Based in Seattle - Servers around the globe

Premium Stake Pool running on Microsoft Azure

アジュール・エイダ

当サイトへお越し下さりありがとうございます。

AZURが選ばれる理由

IT20年以上の経験及びマイクロソフトアジュール認定資格保持者のエリック、アジュール開発で活躍中のテラン、チームを率いるライアンと、それぞれ各分野でのエキスパート3名でのプール運営。

銀行や病院でも使われ、業界一の安全性を誇るマイクロソフトアジュール・クラウドプラットフォーム使用で安心

メンバー全員、もちろんカルダノの大ファンです!2017年からカルダノを追い続けいてます。

サーバーを世界各地へ配置!現在は、日本、オランダ、フランス、アメリカにサーバー有。

積極的にイベントを開催しています!先日は、ウクライナ・キエフでミートップも行いました。現在他のイベントも企画中です。また、ツイッターをはじめSNSでどんどん情報も発信中です。

各メンバーそれぞれ責任を持ち活動しております。また、数分で変更や対応可能な分散化体制を整えております。

マルチファクタ認証やエアギャップなど、セキュリティへ最大限の配慮。安心して委任いただける環境がここにあります。

インフラはもちろんのこと、保証金などあらゆる面で私たち自身も投資しております。保証金の多さはプール全体のトップ3.8%に入ります!

最新でセキュリティの高いインフラ

2020年7月29日にはじまったシェリーメインネット用の新設備で6個のサーバーを使用し分散化しております。サーバーの1つは必要な時に瞬時に引き継ぎができるレプリカとともにブロック生成ノードで、その前には4つのリレーサーバーを設置し、最新のブロックチェーンコピーの維持をするなど信頼できる状態にしております。運営コストや資源節約のためいくつかサーバーを切ることはありますが、この全体配置で実行することでどのサーバーも数分で起動できます。また、サーバーを含む一連の設備は以下の通りです。

なぜマイクロソフトアジュールを使用するのか

54の地域、140か国にある、最も分散化されているパブリッククラウド。そのうちほとんどの国にはデータセンターが3つ、少なくとも2つはあるので、およそ280のロケーションがあると言えます。分散化という意味でもカルダノには最適です。

高い安全性 – アメリカ、EU、ドイツ、日本、イギリス、インドや中国を含む地域で、90以上のコンプライアンス認証を取得。マイクロソフトは年間1000億円以上をセキュリティに使用し、3000人以上のプロフェッショナルを雇用し、セキュリティへ取り組んでおります。

多種多機能 – マイクロソフトアジュールには、200以上の製品があり、他社のサービスを大きく上回っております。

高速ネットワーキング – 私たちのスピードテストでは、6ギガビットを記録。ブロック送受信が全てのブロックチェーンでは、高速のネットワーキングは非常に重要です。

DDoS攻撃を軽減するサービスがマイクロソフトアジュールには組み込まれています!

ライアン

創設者

2017年にカルダノに出会い、2019年AzureADAをスタート

エリック

インフラ、運営、セキュリティ担当

アジュール認定資格を持つベテランIT

テラン

運営・開発担当

マイクロソフトアジュールIDプラットホームの現役開発者 として活躍中